関本徹生氏のアートオブジェ取扱い開始

元京都造形芸術大学教授・アーティストの関本徹生氏が手がける作品の取扱いを開始します!

アミニズム的世界観を持つ独特のデザイン。

お客様のイメージと相談してからの制作となります。

まずはanteriors furnitureまでご相談ください。

【関本徹生PROFILE】

高校在学中からアート活動を始める。

アフリカにおいて赤いペンキで赤道線を描くなど、 アースアートからパフォーマンス活動へ発展し、500回以上の公演を実施。

パフォーマンスで訪れた国は20カ国を超える。

1990年頃より、アートディレクターとして商業施設のディスプレイ、 オブジェの企画制作開始。

手懸けた作品は5000点を超え、空間環境デザインの作品を評価する各賞に 毎年複数受賞。

舞台美術(WAHAHA本舗・狂言・ミュージカル等)や多くの ミュージシャン(坂田明、渡辺香津美、清水興等)とコラボレーションも実施。

2000年から2001年にかけて、廃マネキンを再利用した アートマネキン「108煩悩プロジェクト」を実施。全国にアートキャラバンを展開。

2001年に京都造形芸術大学非常勤講師。

2005年に同大教授に就任。2016年5月退職。

他に関西学院大学非常勤講師。

2005年以降、独自のアートフィールドワーク(アーティスト目線)から、 地域活性化に携わり、数多くの産官学宗連携事業を実施、 これまでに約250プロジェクトを手がける。

地域振興・活性化に新たな展開を広げ、注目と評価を得ている。

個展、グループ展、招待出品等、多数実施。

現在、作家活動と並行しながら古代史、地質(地形)、歴史、 科学等とアートに限らず、幅広い分野で講座(西宮・神戸・大阪)も展開中。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square